スロットマシン

コメット スロット マシン

1932年、ペース マニュファクチャリング カンパニーは、1927年の商号に基づいて約123の異なるマシンを発売しました。キングピン、コメット、コメット ベル、バンタン ガム ベンダー、ブープ ア ドゥープ、サラトガ ベル、アーミー ゲーム、ペン ニー ゴルフ、コメット ツイン ジャック ポット フロント ベンダー、ロケット スラグ プルーフ ベルなどのマシンが当時作られました。コメットはより多くの利益を生みだしました。操作して適切な量のコインを出せることで、コインがキャッシュ ボックスに確実に落ちるようにできたからです。ツイン ジャックポットを出して、ペイアウトを交互に出してマシンを動かし続けることができました。 コインオップ コメット センサス ヴィンテージ アーケード保護協会(Vintage Arcade Preservation Society)には約10,964人の会員が属しており、そのうち8,791人がどのアーケードゲームを所有しているか、手に入れるのを希望しているか、販売しているかに関する国勢調査プロジェクトに参加しています。この国勢調査データによると、14万7千台を超えるマシンが現存していることが示されており、そのうち6,414が異なるタイトルのものです。 ペース社のスロットマシン、それに当時製造された他のスロットマシンは、トークンを簡単に管理できたため適切なアクセスを可能にしたのです。これらのマシンは通常、現金支払いが公表されているか禁止されている場所にありました。マシンはトークンとニッケル(5セント硬貨)の両方を受け付けますが、支払いはトークンで行われます。 1つのトークンでプレイされた場合には何も出ないように、マシンを設定するのは簡単です。ニッケルにミントベンダーが接続されている場合、マシンは簡単に硬貨を出します。マシンがプレイされるとトークンを生みだしますが、このトークンには金銭的な価値はありません。 マシンのコイン管理機能により、トークンはペイアウトに送り出され、ニッケルはキャッシュボックスに入ります。トークンには穴が空いているので、マシンはニッケルとの違いを見分けられます。マシンは現金 / コイン /トークンによってプレイできます。ジャックポットを当てると、全てのコインがペイアウトに送られ、コインが溢れ出します。 ペイアウトのパーセンテージは、ジャックポットのコインの数を減らすことによって簡単に調整されます。調整プレートが、物理的にジャックポットのエリアを小さくします。プレイヤーに適切な報酬を提供する、勝利の組み合わせを当てる、1080以上の可能性が見られます。現在のスロットと同様に、リール上のシンボル配置システム全体に「ニアミス」が表示されるので、プレイヤーは、更にプレイを続けたいと言う欲望に駆られるのです。 最近ではオンラインでもスロットを楽しむことができます。 インターカジノオンラインスロットでは、1000機種以上のビデオスロットをプレイすることが可能です。